Job仕事について

日本黒鉛の仕事について

日本黒鉛の職種は大きく分けて
営業職、技術職、生産職の三つに区分され、
それぞれに⼤切な役割があります。
また、個人個人の力を存分に発揮し、
活躍できる場が多くあるので、
社員一同楽しんで仕事に励んでいます。
そんな日本黒鉛で働く人々の多彩な仕事内容を
分かりやすくご紹介します。

  • 技術

    read more
  • 製造

    read more
  • 営業

    read more

技術

職務内容は顧客からの要望に応じた既存製品の改良や、新製品の開発です。工場内で試作と測定を繰り返し改良品・新製品のサンプルを作成し、そのサンプルが客先で良い評価を得て、量産が決定すれば、生産準備にも関わります。工場内の製造ラインの保守、立ち上げ、構築等に関わることもあります。
時には、営業担当者と一緒に顧客を訪問し打ち合わせや製品テストを行うこともあります。
営業同様、国内(日帰り~1泊2日)、海外(3日~1週間程度)への出張の可能性があります。
また、業界展示会の出展時には、営業担当者と協力しながら展示内容の打ち合わせを行ったり、当日の説明員を担当することもあります。

配属先は製品を製造する第一製造技術部、第二製造技術部、第四製造技術部、長期的な開発のためのR&Dセンターのいずれかとなります。

技術の社員インタビュー

製造

工場内で製造設備を使用し製品の製造を担当します。
各製造技術部内の、製造品目別に分けられた5人~20人ほどで構成される班へ配属されます。
通常の昼間勤務8:00-16:45の他、13:00-21:45、16:00-0:45、0:00-8:45の交代勤務体制があります。
交代勤務の実施は、所属する班や、生産状況によって異なります。

製造の社員インタビュー

営業

弊社では、国内には2つの営業所がありますが、大まかに西日本は大津営業所、東日本は東京営業所が担当しています。営業所内でも基本的に地域で担当を分けています。活動としては既存顧客への定期訪問をベースとしながら、顧客のニーズに合った製品を提案し新規製品の拡販を行ったり、見込み客を探し新規顧客の開拓を行ったりしています。担当者は自ら顧客訪問の予定を組み、アポを取り訪問します。国内出張は日帰り~1泊2日、海外出張は3日~1週間程度の日程がほとんどです。
客先では先方担当者とのミーティングの他、製品テストの立ち合いを行うこともあります。

営業所内での勤務時は、報告書や会議資料作成、商品デリバリーの確認や次の訪問の準備等を行っています。
また、業界展示会の出展計画をたて、技術担当者と協力しながら展示内容、ブース設計などの準備を行ったり、当日の説明員を担当したりします。

営業の社員インタビュー